偏頭痛を引き起こす原因を1つ1つなくせば、緩和改善できる!

偏頭痛に苦しんでおられる方へ

 

 

偏頭痛といっても、頻繁に起きる方、月に数回起きる方、痛みがひどく吐き気を催してしまう方、軽い方、と様々ではありますが、「片頭痛」によって不快な時間をすごさなればない状況から少しでも、抜け出すことができればどれだけ幸せだろうか…

 

 

偏頭痛に苦しむ1人でも多くの方の偏頭痛に対する「改善の可能性」を分かって、偏頭痛改善の先にある、「痛みのない快適な時間」を取り戻すお手伝いができれば、と思い当サイトを立ち上げました。

 

 

偏頭痛は「遺伝だからもうこれ以上はよくならない」とよく聞きます。でも、たとえ遺伝であっても、改善できる部分はありますよ?

 

「あきらめかけている方」にこそ当サイトを有効に活用していただければ幸いです^^

 

 

スポンサードリンク


偏頭痛の原因っていったい何なの?

偏頭痛や頭痛の分野は現在も研究中の部分が多く、また、「様々な原因が関係して引き起こしているもの」なので、下記は1つの可能性としてお読みいただければありがたいです。

 

 

偏頭痛のメカニズム

 

ストレスなどの要因となることが起こると、体はストレスに対抗するために、生命を尊重するのに必要な、心臓などの臓器や筋肉を中心に血液を流し、脳への血流は縮小するという作用がおこります。

 

これによって、脳内の細胞「ミトコンドリア」では、エネルギーの生産原料となる酸素や栄養素が不足し、エネルギーを作ることが出来なくなります。ミトコンドリアは枯渇状態となります。

 

 

時間が経過して、ストレスから解放されると、縮小していた脳の血流が元に戻ります。これによって、ミトコンドリアは、「原料が来たぞー!」とあわてて、エネルギー生産を急ピッチで行います。

 

ミトコンドリアのエネルギー生産では、ゴミとして「活性酸素」が出てきますが、生産量が多くなると、ゴミの活性酸素も大量に放出されます。

 

この活性酸素は、多すぎると体内の細胞を傷つけたり死滅させてしまうという怖いものです。一定量までの活性酸素は、菌類から体を守る役目も果たしていますが、多すぎるのはよくありません。

 

 

多すぎる活性酸素によって、脳内の細胞が傷つけられ炎症を起こします。

 

これが片頭痛の痛みとなって表れているということなのです。

 

 

もちろん、偏頭痛に隠れている病気が裏にあるかもしれませんので、不安を感じる方は病院で検査などをしてもらってくださいね。偏頭痛・頭痛と病気との関連についてもまた後に触れていきたいと思います。

 

 

 

ただ、ストレスと言っても、色々あります。精神的なストレスでもその瞬間に強力に巻き起こる場合・長期的に長引くストレスでは異なりますし、肉体的なストレス・欲求不満からくるストレスもストレスですよね。

 

ストレスの多くは、仕事や友人、人間関係におけるものが多く、強く感じる場合が多いとは思いますが…。このストレスは、本当に体を滅ぼす恐ろしいものなのです…。

 

だた、当サイト管理人も色々な病気を経験して、『「ストレス」だけは万病の元であるのに間違いない!』と痛感いたしました。あやうく命を落とすところでしたので…。

 

 

ただ、ストレスも体に害を与えて、病気を引き起こす前に、また偏頭痛の痛みを引き起こす前に、軽減させることは可能です。当サイトでは、偏頭痛とストレスのことを中心にお話していきますので、是非参考にされてみてくださいね!

 

 

「ストレス」を改善できれば、偏頭痛の改善にもつながっていきますから^^

スポンサードリンク


更新履歴