偏頭痛が起こりやすい時と対処法について記事一覧

これは、緊張性頭痛の特徴でもあります。平日は仕事や家事などをこなさなければならないとあって、かなり緊張状態にあります。この時、私たちの脳内では緊張によって血液の循環が少なくなっている状態です(交感神経が優位に立っているとき)ところが、仕事が終わったり、休日になると、この緊張が一気に解かれて、脳内への血液循環も一気に増加します。この脳内の血液の変動が刺激となり頭痛や吐き気を起こさせている可能性が高い...

新しい職場に変わった日からずっと頭痛が続き、職場に行くと頭痛が発生しているもはやこれは「ストレス」以外の何物でもありませんね…ストレスがかかると、活性酸素が増えて、頭痛が起こってしまいます。しかし、通常は「脳内セロトニン」がストレスを緩和させてくれて、ひどくなりにくい状態が保たれています。しかし、職場が変わったり、職場で嫌な事があったりすると、そこにいくだけでもストレスを感じ、そのストレスが原因で...

これは体験談からも言えることです。仕事のプレッシャーは、そのプロジェクトや内容が終了するまでずっと続きます。短いと数週間で済むこともありますが、基本は長期的なプロジェクトが多いので、数か月と持ち越すわけです。その間、ずっと仕事に関するプレッシャーを与えられっぱなしで、心も体も休む暇な手ありませんよね…。そんなストレスが原因となって、頭痛を引き起こしてしまいます。しかしなかなか職場では「頻繁に起こる...

@ 肩こり同じ姿勢で長時間のPC作業などをしていると、常に肩周辺の筋肉が緊張状態になっているため、血液の循環が悪くなって肩こりや首コリなどが起こってきます。肩こりが悪化すると、脳内への血液の流れも悪くなり、新鮮な酸素や栄養素が脳に運ばれなくなって、一時的に脳のエネルギー生産が減少されます(ミトコンドリア)。そして再び血液循環がよくなった瞬間にミトコンドリアでのエネルギー生産が増加し、そこで出てくる...

でも気づいたら、ずっと寝不足が続いていて、頭は痛いし、気力はないし、体はフラフラでだるいし…という状態に陥ってしまう、ということは、誰にもあり得ることです。管理人の場合は、仕事のプレッシャーとストレスが尋常じゃなかったので、そこからの頭痛と不眠でした。でも、忙しくて、自分の不眠や頭痛を同行している暇もなく月日が過ぎた時…精神的におかしいのかも…という状態になってきてました。これは、睡眠不足は「セロ...

偏頭痛の場合ちょっとした変化でも、痛みがでやすくなりますが、朝寝過ぎて頭痛がするのには、メカニズムもあります。朝寝過ぎるということは、体内リズムとはずれた時間に起床していると思います。体のリズムはいつもだいたい決まった時間に朝日を浴びることで、リセットされ、シャキッと行動できる物質「脳内セロトニン」が分泌されるわけです。